ほくろが増えた!気になるほくろはクリニックで除去して素肌美人へ

ほくろとシミの見分け方

男性

ほくろとシミの違い

透き通って透明感のある肌は、女性にとって憧れですよね。シミやほくろ1つない肌を目指してスキンケアを欠かさない方は多いのではないでしょうか。特に、シミが出来る事は加齢の象徴のようになっているのでシミ対策を行う事も多いかと思います。でも、シミとほくろって似ていて紛らわしいと思いませんか?色が黒やこげ茶などの濃い色であれば、ほくろと判断しやすいです。ですが、ほくろは中には薄い茶色の状態もあるので、シミなのかほくろなのか、ぱっと見ただけでは区別しにくいですよね。そこで、シミとほくろの違いをご説明したいと思います。
まず、シミとほくろが出来る原因は共通しています。原因は「メラニン」で、メラニン色素が肌に溜まる事で、シミやほくろが作られます。でも、シミとほくろは色の濃さが違いますよね。これは、肌に蓄積したメラニンの量が関係しています。メラニンが拡散していれば薄茶いとなって表れ、集中して集まれば濃い色となります。この事から、シミとほくろは基本的には同じように作られ、違いはメラニンの作られる量によるものというわけです。シミ予防ばかりが注目されますが、ほくろも出来る原因は一緒でした。
また、色の濃さ以外にもシミとほくろの違いはあり、形や感触で見分ける事が可能です。シミに比べてほくろはメラニンが多く集まっているので、他の肌よりも少し盛り上がっています。形も、シミがいびつな形をしているのに比べて、ほくろは基本的にドーム型の形をしています。他にも、出来る場所で判断出来ます。顔や首であればシミが出来る可能性が高く、紫外線が当たらない場所に出来ているものはほくろだと思って良いでしょう。もしシミかほくろか区別がしづらい場合、皮膚科や美容外科で専門のドクターに相談してみましょう。

Copyright© 2019 ほくろが増えた!気になるほくろはクリニックで除去して素肌美人へ All Rights Reserved.